Month: August 2019
ゼリー状の医薬品の吸収率

バリフはインドの地元大手の製薬メーカーが製造したED治療薬ですが、ドイツのバイエルという製薬メーカーがはじめて発見したED治療薬の有効成分をそのまま生かしたものですので、いわばED治療薬のジェネリック品という扱いになります。 ただし、もともとのバイエルのED治療薬は、有効成分が5ミリグラムから20ミリグラムまでの錠剤タイプとなっているのに対して、後発のバリフの場合には、有効成分20ミリグラムの錠剤のほか、同じく有効成分20ミリグラム入りのゼリー状のタイプなどもあります。 このゼリー状の医薬品については、パイナップル、オレンジ、ストロベリー、バナナなどの多様な種類のフレーバーが楽しめるというすぐれもので、水がなくてもそのまま封を切って飲むことが可能です。 このようなゼリー状のバリフの吸収率については、錠剤タイプのものよりも高いとされていますが、これは、錠剤タイプが表面をコーティングされており、飲んだ後に胃酸によってゆっくり溶け出すのに対して、ゼリー状のものは有効成分がそのまま内容物のなかに含まれているといった違いによります。 もっとも、このバリフの有効成分そのものは、他の銘柄のED治療薬と比較するとかなり水に溶けやすく、即効性があることでも知られており、遅くとも飲んでから1時間、なかには10数分でも効果があらわれる場合があるとされています。 あまり高いカロリーを持つものでなければ、食事によっても医薬品としての効果が減少してしまうおそれもなく、かならず空腹時でなくとも服用は可能というのも、このバリフの特徴的なところです。 ただし、食事のなかでもグレープフルーツジュースに関しては、バリフの有効成分との飲み合わせが良くないため、避けたほうが無難とされています。

2019年08月25日
バリフ以外のゼリー状ED治療薬

バリフはED治療薬としてはジェネリック医薬品にあたるもので、インドの製薬会社が製造しています。このバリフのもとになった先発薬は、世界的な製薬会社であるドイツのバイエル社の製品で、アメリカのファイザー社や、同じくアメリカのイーライリリー社の製品とともに、いわゆる3大ED治療薬のひとつと目されています。 先発薬が錠剤のタイプしかないのに対して、バリフには錠剤タイプももちろんあるものの、ほかにもさまざまなバラエティがあり、そのなかにはゼリー状のタイプも存在しています。 錠剤が苦手だという人にとっては、水なしでも嚥下できるというきわめて飲みやすい製品として仕上がっており、パイナップル、ストロベリー、オレンジ、バナナ、ミントなどのいくつかの味わいが楽しめるというのも魅力になっています。 しかも、胃の中でコーティングが溶けて有効成分が拡がる錠剤とは違って、ゼリータイプであれば直接体内に有効成分が届きますので、効果が出るまでの時間がさらに短縮されるというメリットもあります。 こうしたゼリー状の製品は、実はバリフだけではなく、ファイザー社製品のジェネリック医薬品、イーライリリー社製品のジェネリック医薬品のいずれにも、ゼリー状のものが存在しています。ただし、これらの先発薬のほうは、やはり錠剤タイプだけとなっていますので、注意が必要です。 ゼリー状の製品は飲みやすいとはいっても、基本的には医薬品の範囲に含まれるものですので、国内で市販しているような薬局は見当たりません。 そのため、入手したい場合については、個人として使用する医薬品を輸入するという方法をとりますので、1回あたり1か月分以内の少量だけ発送してもらうことになります。

2019年08月10日